タラバガニ 特徴

タラバガニの特徴

カニの王様とも呼ばれることのある「タラバガニ」

 

 

日本海やオホーツク海、北太平洋や北極海などに生息しており、日本でのタラバガニの名産地はご存知北海道です。

 

 

このタラバガニには、どんな特徴があるのでしょうか。

 

 

タラバガニの特徴としては、カニの中ではサイズが大きいことです。

 

 

甲羅のサイズは幅が25センチくらいあります。

 

 

大型のタラバガニとなると、その足を広げると、その大きさは150センチほどにもなりますので、かなりの大型だと言えます。

 

 

カニと言えば、赤い色を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、生きている時のタラバガニは赤い色をしておらず、背中側が暗い茶色をしており、お腹の方が薄い黄色のような色をしています。

 

 

茹でることで、イメージ通りの真っ赤な色に変わります。タラバガニに似たカニにアブラガニと言う種類のカニもいます。

 

 

茹でてしまうと、専門の業者であっても間違ってしまうほどに外観が似ており、タラバガニと偽ってアブラガニを売りつける悪徳業者も昔はいました。

 

 

タラバガニの味の特徴としては、毛蟹やズワイガニと比較すると、大味であっさりしていると言えます。

 

 

その分、サイズが大きく肉厚で、身が引き締まっていることで食べ応えがあることが特徴です。

 

 

ボリューム感が多く、身がしっかりとしていることから、カニ鍋やしゃぶしゃぶなどに向いていると言えます。

 

 

ただ殻つきの場合は、殻が固くて身が取り出しにくいこともありますので、小さなお子さんでは殻をむくのは難しいかもしれません。

 

 

タラバガニの殻を剥くコツとしては、完全に縦に割ってしまってから、身を取り出していくようにすると良いですね。

 

 

大きな口でいっぱいカニを食べたいというときにはタラバガニがいいですね。

 

 

 ⇒ 生本たらばがに半むき身セット