カニ ポーション 激安

.カニポーションとは?

 

カニの通販などを見ていますと、カニポーションと言った言葉を目にすることも多いのではないでしょうか。

 

 

このカニポーションとは、いったいどんな商品のことを指しているのでしょうか?

 

 

このカニポーションとは、タラバガニやズワイガニの足の身が、むき身になっている状態のことを指しています。

 

 

カニの殻をむいた状態に加工されていることもあり、人気の高い商品だと言っても良いでしょう。

 

 

カニは美味しいけれど、殻をむくのが面倒臭いと感じている人、カニ料理は殻をむくのがイヤだから食べたくない、と言ったような人にはぴったりの商品です。

 

 

また、カニしゃぶ、カニステーキなどの料理をする時にも、カニポーションは非常に便利だと言えます。

 

 

それでは、どうしてカニポーションと言うような商品があるのでしょうか。

 

 

そもそもカニポーションとは、殻に傷がついてしまっていたり、爪が折れてしまっていたり、と言う状態のものを加工したものです。

 

 

通常なら訳あり品として販売されるか、廃棄されるか、と言ったようなものです。

 

 

味や品質にはまったく問題ないものの、見た目に難があると言ったことで訳あり品とされていた商品です。

 

 

その分、安い価格で提供されており、業務用やレストランなどで利用されてきたものですが、最近では通販で利用されるようにもなってきたものです。

 

 

手頃な価格で、簡単に調理することが出来る上、子どもなどでも殻をむくことなく食べることができるカニポーションの人気は、高いものがあります。

 

通販がお得なわけ

カニを購入するなら通販がお勧めです。何故、通販で購入するとお得なのでしょうか?

 

 

最大の理由としては、通販でカニを購入することで、お安くカニを購入することが出来るからです。

 

 

カニ、と言いますと冬の味覚の風物詩でもありますし、一般的には高価なイメージがありますよね。

 

 

通販でお得に購入できると言うのは、いわゆる訳あり品などで購入できるからです。

 

 

 

 

訳あり品とは、正規のルートで販売されるカニと遜色のない品質をしているのに、足が1本取れてしまっている、爪が折れてしまっている、規格外のカニである、などの見映えによる理由で、正規販売できないカニを格安で販売しているケースを言います。

 

 

つまり本来ならば、商品にならないカニなのですが、味や品質的には何の問題もない為に、正規品とは比較にならないくらい安価にして販売されているのです。

 

 

これまでは、そうしたカニは業務用として飲食店に卸されるか、自分たちで食べるか、と言ったようにお金にならないものでした。

 

 

それが現在では、インターネットの通販などで格安で販売されているのです。

 

 

この訳あり商品以外にも、最近ではある程度の金額をまとめ買いすることで送料が無料になったりするなど、様々なメリットがあります。

 

 

産地直送のカニをお得な価格で賢く購入するには、通販を利用する方法が最も妥当だと言えるでしょう。

 

 

本来なら高価なカニであっても、お手頃な価格でお腹いっぱいになるくらい食べることが出来るはずです。

 

 

カニをお得に購入するなら、通販で購入するようにすると良いでしょう。

 

 

特におすすめなのは北海道でのカニ専門店の通販です。専門店だからこその品質、味、低価格。

 

 

カニも身のぎっしり詰ったものと、スカスカなものがあります。安価なもので、スカスカな外れカニを購入する前に、カニ専門店での通販で購入することをおすすめします。

 

 

 ⇒ 生本ずわい「かにしゃぶ」むき身満足セット

 

冷凍カニの解凍方法

訳ありカニを沢山買ってしまって、カニを心ゆくまでたのしみたいと考えている人も多いでしょう。

 

 

訳ありカニの場合、冷凍されて配送されることがほとんどですので、冷凍カニをうまく解凍することが必要になってきます。

 

 

冷凍されたカニはどのように解凍すると良いのでしょうか。

 

 

 

凍ったままのカニを鍋に入れてしまう、と言うようなことをしてしまうと、せっかくのおいしいカニが台無しです。

 

 

冷凍カニを美味しく食べる為には、どのようにすれば良いのか書いていきましょう。

 

 

まず基本的に知っておきたいこととして、冷凍カニが配送された時には、どうなっているのかを考えてみます。

 

 

冷凍カニの場合、カニの表面にはグリースと呼ばれる氷の薄い皮膜がはっています。

 

 

これは、カニの乾燥を防ぐためにつけられているもので、長時間冷凍していることでつく霜とは違うものです。

 

 

このグリースがないと、カニの身がパサパサになってしまいますので、グリースは必須なのです。

 

 

反面、グリースがあることによってカニは非常に溶けにくい状態にもあります。

 

 

最も最適だとされるカニの解凍方法ですが、冷蔵庫にカニを入れて1日そのままで保存しておく方法です。

 

 

ゆっくりと低温で解凍していくことによって、カニの旨味を損なうことなく解凍していくことが出来るのです。

 

 

この冷蔵庫に入れる方法以外で解凍してしまいますと、間違いなくカニの旨味を低下してしまうことになりますので、注意しておきたいですね。

 

 

カニの種類によっては、1日ではなく1日半くらい解凍に時間がかかってしまいますので、カニのサイズなども考慮しておくと良いですね。

 

 

また、カニを購入したショップでもおいしいカニの解凍方法などがありますので、それらを守っておいしくカニをいただきましょう。

 

 

なので、商品が到着してすぐには食べられないので、余裕を持ってカニを購入したほうがよいですね。

 

残ったカニの保存法

年末年始などに訳ありカニを沢山食べようと思い、頼んでしまったが、残ってしまった。

 

 

と言うようなことも、お手軽に買える訳ありカニならではの特権だと言っても良いでしょう。

 

 

この残ってしまったカニの保存方法は、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

まず、解凍してしまったカニについては、そのまま冷蔵庫に保管することで2日くらいは十分に保存することはできるでしょう。

 

 

カニ味噌も同じ事が言えますので、解凍をした後に乾燥してしまわないように、しっかりとラップをして冷蔵庫に保管しておきましょう。

 

 

解凍していない状態のカニであれば、冷凍庫に入れておくことで一ヶ月くらいは保存できるようになっています。

 

 

基本的には、残ってしまったカニも料理に使ってしまうと、きれいに使ってしまうことが出来ます。

 

 

カニの身をほぐしてしまって、カニ炒飯にするのは定番だと言えますね。

 

 

そのままカニのほぐし身に塩やしょうゆで味付けをして、おにぎりにしてしまっても美味しく食べることが出来ます。

 

 

殻つきのカニが残っているのであれば、殻をつけたままお味噌汁に入れても美味しく頂くことが出来ます。

 

 

トマトソースを使って、パスタの具にしてしまうのも美味しいですし、ホワイトソースと合わせてカニクリームコロッケにするのも美味しく食べることが出来ます。

 

 

カニは多くの食べ方ができる食材ですので、様々な料理にアレンジして使ってみるのも良いでしょう。

 

 

うまくカニを使うことによって、鍋物だけではない違った楽しみを発見することが出来るはずです。

 

 

一度解凍したカニを冷凍庫へ入れると味が落ちてしまうので、購入したカニをおいしくいただくためにも食べきれる分だけ解凍することが望ましいですね。

 

 

 ⇒ 生大ずわい「かにしゃぶ」むき身満足セット

 

ちょっと変わったカニの食べ方

訳ありのカニを購入する時に良くあることとして、手軽に購入出来ることから、ちょっと頼みすぎてしまってカニが残ってしまうと言うようなケースです。

 

 

そうした時には、ちょっと変わったカニの食べ方をしてみるのも良いかもしれません。

 

 

いつも鍋物や焼きガニなどをしているような場合ですと、少し違った料理をすることで、残ってしまったカニも美味しく食べることができるでしょう。

 

 

手軽に出来るものとしては、カニの身をほぐして塩やしょうゆを軽く垂らしてから、おにぎりにするのがお勧めの食べ方です。

 

 

簡単に出来ますし、子どもにも人気が高い食べ方になります。

 

 

また、似たような方法としてはカニ炒飯にするのも良いでしょう。

 

 

カニの身をすべてほぐしてしまってから、炒飯にしてしまいます。

 

 

カニと卵とご飯だけで作ることが出来ますので、手軽に目先の味を変えることが出来ます。

 

 

カニ味噌が残っていると言った時には、茹で卵、マヨネーズで作った簡易タルタルソースに、カニ味噌をまぜてしまいます。

 

 

そのまぜたカニ味噌を、食パンに載せてピザ用のチーズをかけて焼いて食べます。

 

 

いわばカニ味噌トーストにする訳ですが、カニ味噌のコクがタルタルソースと相まってとても良い風味を出してくれます。

 

 

他には、カニリゾットなどはどうでしょうか?

 

 

オリーブオイルをフライパンに入れて、にんにくを香りが出るまで炒めておきます。次に、みじん切りにしたタマネギを炒めます。

 

 

お米は洗わないままで半透明になるくらいまで炒めてkら、白ワインを入れて、熱湯を加えます。

 

 

お米に少し芯が残るくらいまでに似て、最後にパルメザンチーズ、塩、コショウ、などを使って味を調えてから、カニのほぐし身をリゾットの上にのせます。

 

 

かには残ってもいろいろなアレンジでおいしく食べることができます。幾ら食べても飽きないのもカニが人気の理由なのでしょうね。

 

 

 ⇒ 生本ずわい「かにしゃぶ」脚肉むき身